メニュー

VR+AR コンテンツ再生筐体 - 株式会社エム・コーポレーション

筐体 事例

筐体 事例

VR+ARを活用したエンターテイメント スコープ

  • 筐体製造
  • 筐体製造
  • 筐体製造

使用目的

観光地や博物館などで仮想空間の中に現実空間を取り入れた新しいコンテンツの再生。
この技術を老若男女問わず楽しんで頂ける空間を作る。

解決

■解決
・弊社のスタッフはPCとその周辺機器の知識は一通り持っているので共通の言語で打ち合わせが出来る
・PCの規格や構造は熟知している
・ユニバーサルデザインの筐体をデザインできる
・デザイン~機構設計までワンストップで請けられる
・オンラインミーティングを含め、コミュニケーションを密に取りながら進行する

■お客様のご意見
某キャラクターに似たデザインになったが、裏を返せば老若男女問わず愛されるデザインになったと思う。
共通の言語で打ち合わせが出来るので、スムーズな意見交換が出来る。
デザインなど細かい部分の要望にも柔軟に対応してもらい、思い描いていた製品ができた。

 

 

前のページに戻る

 

 

まずはお問い合わせください

ご質問・ご依頼・各種お問い合わせはお電話、またはメールフォームより承っております。

お問い合わせ

オンラインショッピング

  • ダイレクトショップ
  • 「現金特価」サイト
  • amazon
  • yahoo!ショッピング
  • bnr 05d
  • 筐体製造のご依頼
  • ラズベリーパイ専用ケース
  • IN WIN製品のご紹介
  • 20170901mini
  • エム・コーポレーション公式Emu Channelはこちら
  • エム・コーポレーション公式facebook
  • twitter

Copyright © 株式会社エム・コーポレーション All Rights Reserved. - [login]